転職で退職する際の注意点

退職するときは、しっかりとした心構えが重要になります。別の会社への転職が理由であれば、そのことを確実にしてから退職をするのが大事です。辞めた後が肝心といえるので、次の会社への入社が確実なものか確認します。
退職する理由として一番多いのは、今の会社から逃れたいというものです。残念ながら、日本の会社は「辞める」といってしまえば「もうウチの会社の人ではない」と思われてしまうこともあります。いきなり「辞める」とはいわず、今後の行き先を明確に決めてから退職を告げるようにしましょう。
社会で働いていれば有給休暇というものがあり、退職時にはその有給休暇が残っている人も多いようです。人によっては、1ヶ月以上残っているケースもあります。しかし、退職する直前に有給休暇を消化しようとまとめて取ってしまうと、職場の人に迷惑がかかってしまいます。そのため、有給休暇の取り方には注意が必要です。退職直前にあまりにも続けて有給休暇を取ってしまえば、仕事の引き継ぎもうまくいかなくなります。また、退職前は忙しくなるため、有給休暇はしっかり身体を休めることも重要です。しかし、ダラダラ過ごして有給休暇をムダにしないためにも、次の会社で役立つような勉強をするのもいいかもしれません。
次の会社が決まれば、まずは直属の上司にその意向を伝えましょう。順番を間違えて上司の上司や人事部へ先に伝えてしまうと、直属の上司との関係が悪化する場合もあります。直属の上司に意向が伝わらなければ、上司の上司や人事部に伝えても問題ないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です